読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のゴミの出し方

以外と困るゴミの出し方紹介京都版

京都のゴミの出し方

Q1条例が改正されて、2015年10月でゴミ排出方法が変わったと聞きましたが?

A1ゴミ反感を目標にする「高松の心条例」行って、2015年10月からスタートあった
   しました。 この条例は、2R (初めからゴミを出さない「リデュス」と、繰返し使
   右「リユース」)と、分別・リサイクルの促進2個を柱といっています。
    特に、2015年10月から、次の品目の分別を義務化しました。
・定期収集している資源物:まったく・病気・ペットボトル、プラスチック制容器包装、小型金属・スプレーカン
   ・リサイクルできる紙類:新聞、段ボール、捉えボアなど
   ・大型ゴミ

    特に、今までたくさんが焼くゴミとして出していたリサイクルできる捉えボア
   などの紙類に関しても、焼くゴミとしてあり始めないで、分別して受けるようだ
   お願いします。
    その他、資源物とゴミ分離方法排出方法に対しては、京都市ゴミ減量・分別リサ
   【イクル】総合情報サイト「京都チュグリョ インターネット」を参考ください。

   http://kyoto-kogomi.net/citizens/外部サイトにリンクします
Q2京都市の指定封筒の価格は、他の市町村と比較して、どの程度ですか?

A2京都市の指定封筒の価格は、打倒時が平均的な価格です。

    ゴミの有料化の目的は、ゴミ処理の手数料として、ゴミを出す人にある程度
老父塀感を有していた抱くことによって、ゴミへの関心を高めて、ゴミ減量・リサ
【九塁】を一層促進することにあります。  
    この封筒の価格は、過度に安ければゴミ減量に連結されない場合があること、すでにユー
料変わっている打倒時の事例でボア、1リットル1円という価格は平均的な尋ねて
右ことなどで、現在の価格に設定しました。
    
Q3京都市のゴミ処理に影響を及ぼす経費(警備)は、どの程度ですか?

A3市民皆さんの理解・協力によって、2015年度は、家庭でのゴミ量は、
   家庭ゴミ有料指定封筒制を導入前の4分の3まで減量できていますが、片方で、
   ゴミの処理には、年間229億円もなる費用がかかっています。
   (参考) 45リットル封筒(燃焼や威嚇) 1袋党の処理経費(警備):252円
        30リットル封筒(〃)〃:168円
         20リットル封筒(〃)〃:112円
    10リットル封筒(〃)〃:56円
         5リットル封筒(〃)〃:28円
    これは、有料指定封筒の手数料収入(輸入)(年間18億円)を大きく越える、巨額である経費(警備)と
   なっているので、市民皆さんには、資源・エネルギーの便利に利用・環境部下衣低減、
   ゴミ処理費用の最小化に向かって、より一層のゴミの減量に協力をお願いします。